• 渡辺 敬

飽き

皆さんこんにちは、渡辺です。


最近思うことがありまして、


東京に飽きた


若造が何言っとんって言われるかもしれないですが、


飽きた。


すごく小さなことかもしれませんが、


新宿の歌舞伎町の入り口を見てワクワクしなくなったし、


渋谷のスクランブル交差点を渡っても人が多くてあんまり好きじゃないなぁと思うし。


東京タワーやスカイツリーを見たって、登ったこともないのに何も感じなくなってしまった。


慣れってのは怖いものです。


多分海外からの観光客や、なんなら都外から来る日本人もまだそういうものにワクワクできるんだろうなぁって。


それはなんと素晴らしいことか。


別に東京が嫌いとかではなくて。


東京って仕事がいっぱいあるし、


遠征仕事で地方に行くこともありますが、


栄えているところは東京に似ていて、でも東京の方が規模が大きくて、東京の方が便利で、


東京っていい街だよなぁと感じながら帰京することが多いいのですが、


それでも東京という街にワクワクしなくなってしまったのはこれは由々しき事態だなぁと。


自分の中で思っているわけです。


おそらく自分が海外以外はずっと東京に住んでいて、


しかもそこそこ都心に近い街に住んでいるから余計そう感じるんだと思います。


それは大変恵まれたことでありがたいことだという自覚はあるんですが、


なんにせよ飽きた。


だからと言って東京離れまーすってわけではなくて、そういうわけにもいかなくて、


多分まだまだ東京で生きるんだろうなぁと思ってるんですが。


何かアクセントが欲しいですね。


東京という街に生きる人間として、


もう少し東京にワクワクできる何か。


そういえば渋谷がそれは大きく変わっていっているんですが、


それすらもはや人ごと。


銀座線の乗り換えだるくなったなぁとかぐらいで、


基本的に「渋谷なんか変わってらぁ」という意識。


街があれだけ変わったら何か人は思いそうですが、


大きな何かは感じなくて、ワクワクできなくて、


つまり外的要因ではもう自分は東京にワクワクできなくなってるわけですね。


先に話した「何かアクセント」は自分で見つけるというか、


自分で作り出さないといけないわけです。


それはなんとも億劫ですね。


新中野製作所/そろそろ30歳

渡辺 敬




0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは、渡辺です。 少しネイルを休んでました。 が、 復活しました! 特に理由はないですが、 爪もちゃんと休めたし、 艶が戻ってきたので、 久しぶりに塗りました、真っ赤っか まーじで上がります。 初めましてさんが多い現場に行ったのですが、 久しぶりにネイルトークできました嬉しい。 自分がつけてるだけで十分上がりますが、 人とネイルトークできるのも楽しいですね。 以前のように爪を酷使せず、

今年の頭に自分の誕生日プレゼントとしてCANON 5Dmk3を買いました。 かなり気に入っていて仕事でも使っているんですが、 CANONってまじふわっとしますね、いい意味で。 ずっとSONYを使っていた身としまして、 SONYのレンズって解像度が高いんです。 でも味があるかって言われたらそんなことなくて、 素材は一流だけど、調理する人次第でどうにでもなるタイプ。 それに対してCANONって 「CA

皆さんこんにちは、渡辺です。 ※このブログは「マンダロリアン」のネタバレを含みます。 先日マンダロリアンを見終わりました。 なんというか、すごくいい終わりでしたね。 お前出てくるんかーい的な、 スターウォーズ好きにはたまらない展開というか、 それでめっちゃ強いし。 マンダロリアンも強いけど、 それでもジェダイはこんなに強いんだぜってのがわかりました。 あとダークセーバーね。 個人的にはあまり好きじ