• 渡辺 敬

アートとは...

皆さんこんにちは、渡辺です。


東京に住んでいると基本的に電車で移動することが多いですね。


電車に乗っていると色々な人を見ます。


一人で何か喋っている人


永遠にドアの前から動かない人


たくさんの個性的な人がいます。


先ほどそんな個性的な人の一人に出会いました。


優先席で、Bluetoothスピーカーから永遠にニュースを流してる人。


これはまた珍しい。


最初は電車の中の広告の音かと思いましたが、


そんなことはなく、


優先席から聞こえてくるんですね。


あら不思議、おじさんの横のスピーカーから音が聞こえてくるではありませんか。


これは、迷惑なのか...?


新たに電車に乗ってくる人はそんなおじさんをチラッと見て遠くへ行きます。


その人周辺は立っている人も少なく、とても空いています。


電車の中で電話したりとか、大きい声で話すとか、イヤフォンの音漏れとか、


迷惑だとされていますよね。


そんなもの子供の遊びだと思えるぐらいの音量でした。


しかも優先席で。


でも誰も注意しないわけです。もちろん私も。


触らぬ神に祟りなしと言いますが、


彼はきっと神ではない。


しかし誰も注意はしない。


もしかしたらこれはアートなのかもしれない。


おじさんのアート作品なのかもしれない。


山手線の優先席でニュースを爆音で垂れ流すという社会派のアート。


そう考えると興味が湧きます。


音楽を聴くのをやめておじさんの音に耳を澄ませます。


ですが途中で乗ってきた学生の話し声にかき消されます。


「ニュースなんてものはその他のメディア(この場合は学生の声)にかき消されてしまうものだ」


という意図があるのかもしれない。


「かき消されても情報を流し続けることに意味はある」という意図があるかもしれない。


彼は今ここで自分と出会うまで、


この山手線を何周したんだろう。


そう思うと、彼の隣で一緒にニュースを聞きたくなりました。


彼の席の両隣は彼の荷物でいっぱいでした。


新中野製作所/アート

渡辺 敬



0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは、渡辺です。 ※このブログは「マンダロリアン」のネタバレを含みます。 先日マンダロリアンを見終わりました。 なんというか、すごくいい終わりでしたね。 お前出てくるんかーい的な、 スターウォーズ好きにはたまらない展開というか、 それでめっちゃ強いし。 マンダロリアンも強いけど、 それでもジェダイはこんなに強いんだぜってのがわかりました。 あとダークセーバーね。 個人的にはあまり好きじ

皆さんこんにちは、渡辺です。 今日はリグの話をしましょう。 はて、リグってなんでしょう? カメラにマイクやモニターをつけることとか、それ自体のことを言います。 それをつけるためにケージという金属製のカメラの鎧みたいなものもリグっていうのかな。 まぁとにかくリグを組む必要が出てきたかもしれない。 今までは音が必要ない映像だったり、 音が必要でも小さいマイクで済んでたんです。 音はとるけどそこまで重要

皆さんこんにちは、渡辺です。 久しぶりにバンドがやりたい気持ちです。 いや、バンドがやりたいというよりかは、 バンドサウンドの曲を演りたいというのが正しいのでしょう。 それもいわゆるギターロック系の曲。 私が音楽スタジオで働いていた頃にはもうバンドって落ち目になっていて、 シンセとか、打ち込みをバンドに入れるのが当たり前になって、 それでもなんか「ギターってかっこいいっすよね」って頑張っている人た