• 安倍大智

言葉遊び:言い換えポエムのススメ

名前とnameって似てますよね。ステイホーム・アベです。


すごい雨です。 散歩に出かけることも能わないそんな時は、言葉遊びをしてみてはいかがでしょうか?

こう雨が降ってしまうと、詩的な気持ちにもなりますことですし。


たくさんの芸術家が言葉遊びを楽しみました。

そして多くの芸術家は同時に詩人であると、私は考えます。


モナリザに髭の落書きをしたマルセル・デュシャンは同じ絵の中に「L. H. O. O. Q.」という文字列を描きました。

英語読みで無理やり読むと

「LOOK」:見て!

フランス語のアルファベット読みをすると発音が

Elle a chaud au cul.」:彼女のお尻は熱い。

となるという言葉遊びです。


そのほかにも、特にダダイズム、シュルレアリスムの諸芸術家の間で言葉遊びは大いに楽しまれました。

憧れますよね。そういうムーブメントって。


そこで、アベおすすめの言葉遊び「言い換えポエム」を紹介します。

言い換えを使った言葉遊び、その言葉遊びを使った詩ということです。

言葉って面白くて、同じことをいろんな言い方で言うことができますよね。

「同じことをいろんな言い方で言う」これを繰り返すだけで、ポエムができるんです

エッセイ的な詩、格言のような詩、ナゾナゾのような詩と、自動的に紡がれていく感じが、私はとても気に入っています。


日本の政治家による名作がこちら

今のままではいけないと思います。
だからこそ、日本は今のままではいけないと思っている。2019923日 小泉進次郎

タイトルは「無題」にするか時間に関するものにするがコツです。

それと、極力具体的な単語を使わず、「何も言わない」ようにするのもコツです。


アベによる作例を載せておきますので、ぜひお試しあれ!



S.N.P. / 新中野製作所

インフォグラフィクス、デジタルファブリケーション

安倍大智


無題

最近、ここ数日の日々が今日からあまり遠い過去ではなくて、 とりあえず応急的にその場をしのいで判断をペンディングしています。 知っての通り、言わずもがな明らかな、周知のことだと思いますが 自分の個人的な思いだと自認しています。私見ですが(笑)


今は現在

天気がいいと思ったら、道理で空に雲はなくお日様は照り、そのうえ雨も降っていませんでした。 もし雨雲が立ち込めていたとしたら太陽を隠してしまうので、天気が悪いと思うところでした。その場合雨が降っている可能性も高い。 ふと見ると、いや、作業の手を止めてなんとなしに目をあげてみると、 仔牛がまるで成長の進んでいない幼年の個体ように、牛。 嗚呼!強く感動したり、驚いたりしたときに発する語よ。 独り言のようなモノローグは誰あてでもない。 いいですか。 過ぎ去った日々は過去ですが、 まだ見ぬ時は未来ですから、 今は過去でも未来でもないのです。それは現在だと言えるでしょう? 鳥は鳥類だし、森は木の集まりなのです。


過去

遡ること20年、それは2000年の出来事です。 現在の私の年齢が28歳だとしたら、8歳の時と考えていただいて構いません。 私が8歳だった頃、世の中は現在よりも20年、過去の状態にありました。 和暦でいうと平成12年。つまり、これは平成12年の出来事です。 その頃、私は8歳でした。


無題

海を見たことがありますか?私はあります。

私は、海を見たことがあります。あなたはどうですか?


無題

りんごが4個あります。昨日2個食べました。 昨日4個あったりんごのうちの半数は、

昨日は食べていません。

昨日食べたりんごの数は何個でしょうか。

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle