• 鈴木和人

ごめんなさい。衣装関係ないです!

こんにちは、ベネズエラのジェイス=ベヘレン、鈴木和人です。

「お前らが霊気から得ようとしているそれな、私なら風に乗せて飛ばせるんだが。」:ジェイス=ベヘレン

いやー今回は本当に申し訳ないのですが、まったく衣装関係ありません。


私の筆頭趣味の一つである「マジック・ザ・ギャザリング」というトレーディングカードゲームの話なんです。


環境激変!!


マジック・ザ・ギャザリング簡単に説明しますと、

自分の好きなカードを組み合わせて、60枚以上の軍隊(メインデッキ)と、15枚の控え選手集団(サイドボード)を作ります。それをデッキと言います。そのデッキで対戦相手と戦って勝利を掴み取る。そんなゲームです。

現在ブレインスポーツとして大変人気のある競技カードゲームです。


ここから先はかなり専門的な話になってしまいます。

ごめんねごめんね〜〜〜!!! : U字工事 益子卓郎

マジックにおけるフォーマットは幾つかありますが、いずれのフォーマットにおいても環境に変革をもたらしたカードデザインがあります。


まず一つ目は「プレインズウォーカー


マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より


忠誠度能力で、生き残っていれば毎ターン何かしらのアドバンテージをもたらしてくれるカードデザインで、勝利をぐっと手繰り寄せるために、あらゆるデッキがプレインズウォーカーを採用しています。


そして2020年4月、あらゆるフォーマットに多大な影響を与えるカードデザインが誕生したと言われています。


それが、、、

相棒!!

マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より


特定の条件を満たす事ができていれば、サイドボードから直接唱える事ができるというクリーチャーカードです。

一見これ、何が強いの?と、思う方が多いと思います。

この「相棒」が、あらゆる大会で結果を残すまで、私も気づいていませんでした。


例えるなら、

11対11のサッカーの試合で、1人のベンチ要因がフィールドに乱入。

主審は笛を吹かない。

12対11の試合を容認したのだ!!


くらいすごい出来事なんです。


さらにもう一つサッカーで例えましょう。

通常、選手のコンディションや、風向き、日の向き、などの不確定要素を孕みながら試合をします。そこにいきなり12人目の選手としてペッパー君が乱入!何にも左右されない安定感のあるパフォーマンスを発揮し始めます。

主審「・・・・・OK〜〜〜〜!!!」


ランダム性の強い競技カードゲームの試合において、「確実に唱えられる状況」、そして、「必ず一定のパフォーマンスを残してくれる」という事は、実に異例です。


「相棒」については賛否両論あります。

しかし、12対11の試合では12人体制のチームに分があるのは当然で、12人チームに対抗するには、我々のチームも12人にするしかない!という流れが出来上がりつつあります。


なんのカードも使わず、テンポを損なう事なく、確実に駆けつけてくれる「相棒」は、どうやら強すぎたように思います!


私の組織づくりは、戦術や知略を巡らせて、自分の理想の勝利の形を目指すことを目的としています。少数で劣勢を覆し、そして勝利を一瞬にして手に入れる、通称「コンボデッキ」を愛しています。

「圧倒的な物量の前では、我々のような組織はなすすべもなく敗北する」:攻殻機動隊2ndGIG第7話「狂想は亡国の調べ」草薙素子

私の組織はまさに敗北の危機を迎えています。

しかしそれでも、マジック・ザ・ギャザリングを

「愛してまーす!」:棚橋 弘至

ご静聴ありがとうございました。



新中野製作所

スゥルタイインバーター鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは、渡辺です。 ※このブログは「マンダロリアン」のネタバレを含みます。 先日マンダロリアンを見終わりました。 なんというか、すごくいい終わりでしたね。 お前出てくるんかーい的な、 スターウォーズ好きにはたまらない展開というか、 それでめっちゃ強いし。 マンダロリアンも強いけど、 それでもジェダイはこんなに強いんだぜってのがわかりました。 あとダークセーバーね。 個人的にはあまり好きじ

皆さんこんにちは、渡辺です。 今日はリグの話をしましょう。 はて、リグってなんでしょう? カメラにマイクやモニターをつけることとか、それ自体のことを言います。 それをつけるためにケージという金属製のカメラの鎧みたいなものもリグっていうのかな。 まぁとにかくリグを組む必要が出てきたかもしれない。 今までは音が必要ない映像だったり、 音が必要でも小さいマイクで済んでたんです。 音はとるけどそこまで重要

皆さんこんにちは、渡辺です。 久しぶりにバンドがやりたい気持ちです。 いや、バンドがやりたいというよりかは、 バンドサウンドの曲を演りたいというのが正しいのでしょう。 それもいわゆるギターロック系の曲。 私が音楽スタジオで働いていた頃にはもうバンドって落ち目になっていて、 シンセとか、打ち込みをバンドに入れるのが当たり前になって、 それでもなんか「ギターってかっこいいっすよね」って頑張っている人た