• 鈴木和人

第一回スカーフコレクション

おはようさん。関東の浅香光代、鈴木和人でさぁ。

あたしゃねぇ。

あたーしゃねぃ。

あーしゃねぃ。

あたしゃぁねええ!


あたしゃぁ柄とか色が好きなんだサァ。

サァっっっ!! : 福原愛

身の回りにそんなものたちがたくさんあったら豊かな気分でござぁしょ?


そんな時は〜〜

第一回チキチキスカーフコレクション

を開催するよ。


お皿じゃゴザァせんのよあなた。

かなり寄って撮ってますがとても良い感じでしょ?

描き込みが足りないとかそういうことじゃあなくて、これが布ってえのが大事なんだ。

色も良いですよね、赤が結構深みがあっていい。

53点!


ファッションとして取り入れたらやりすぎ?

って思う方

いらっしゃあはるでしょうねぇ。


そんなやりすぎな人に、

俺はなる! : モンキー・D・ルフィ

っていう気概でスカーフをいつも買ってます。

まあ普段つけないけどね。

そう、これはコレクション!!なのですよ。

ガンプラとかと同じテンションですね。


これは一見すると非常に危険度の高い一品です。

お土産感がでてしまっては、これはとてもいけないことでござぁしょ。

しかしさすがスカーフ。

天地無用のパラレルワールドにすることによって、見事に柄になっています。

72点!!


続きましても、危険度の高い一品。

お分かりでしょうや?おば様感が強いんだサァ。

サァっっっっ!!! : 福原愛

アニマル柄に赤い花、色彩としては大好きなんでございますが、

いかにも、うちの祖母祖母が着ておる服に似ているんざす。


しかし画像の中央をご覧ください。

んんんんこれ何柄?!


はい、見事におば様感ブレイクされているわけですよ。

花も描き込みが少ないのがすごく良い。

見事にカオティックワールドが形成されていますね。

82点!!


といったように、スカーフ、または一枚布、ひいては洋服一着の中にストーリーや世界観が完結しているといった贅沢仕様が好きなんだサァ。

サァっっっっっ!!! : 福原愛

以上をもちまして、

第一回、目黒パーシモンホール卓球大会を閉幕します。

ご静聴ありがとうございました。



大会委員長

浅香光代

0件のコメント

最新記事

すべて表示

心霊体験ツアー(中)

どうもこんばんは、連続ブログ冒険譚「心霊体験ツアー」へようこそ。 まだ「心霊体験ツアー(序)」をご覧になっていない方は、ぜひご覧ください。 赤水門の章 私たちが最初に辿り着いた場所は「赤水門」と呼ばれる場所でした。 関東随一の心霊スポットとして知られており、非常に有名な場所です。 「旧岩淵水門」とも呼ばれ、埼玉県川口市と、東京都北区赤羽を結ぶ大きな橋が架かっており、荒川と隅田川を隔てる大きな水門で

心霊体験ツアー(序)

おはようございます!なんで仕事場では、「おはようございます!」が標準挨拶なんでしょうね。まあそんなもんか〜と、なんとなく納得しようとしているのですが、やはり良くわからないですね。 そんなことありません? 当たり前のように思っているけど、実は全然大した起源もなく、なし崩し的に定着してしまった事って。 誰かが正解だと決めつけた正解は、私にとっての正解であることの方が稀であるという視点をもった方が人生は

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle